入江のぶこオフィシャルサイト

入江のぶこオフィシャルサイト

文字サイズ

お問い合わせはこちら

東京の文化芸術、ライブ・エンターテイメントを支援する取り組みについて質問しました

先日行われた東京都議会にて、東京の文化芸術、ライブ・エンターテイメントを支援する取り組みについて質問しました。

DJでプロデューサーのNazuna chris Mさんが質疑応答の様子をFBで投稿してくださったのでシェアさせて頂きます。
(Nazuna chris Mさん、紹介して頂きありがとうございました!)

以下、Nazuna chris Mさんの投稿文です。

——————————————–

東京の文化芸術、ライブ・エンターテインメントを
支援する取り組みについて、東京都議会議員の
入江のぶこさん (都民ファースト総務会長)が、
「#SaveTheDance」のロゴを掲げ、
文化振興の担当局である生活文化局 局長との
質疑応答に臨んで下さいました。
※敬称略 / 中略式あり
————
(入江)
————
東京の魅力の源泉の一つに芸術文化活動が
挙げられます。伝統芸能やクラシックばかりでなく
ライブエンターテインメントもまた、
世界に誇る東京の魅力であるアートシーンを
支えています。DJやミュージシャンや
ダンサーといったアーティストやクリエーター、
エンジニアの方々、そして、ライブハウスや
クラブ、ミュージックバー、ダンスフロア、
DJブースといった文化的施設も、
このコロナ禍で活動が制約されています。
エンタメ文化を発信してきたライブハウスの
店舗閉鎖が相次ぐなど、
大変苦しい状況が続いています。
ライブエンターテインメントの関係者への応援や
支援を求める、「#SaveTheDance」の署名活動は、
5万2千人以上の署名を集め、話題となっています。
都は、コロナ禍で打撃を受けたアーティストへの
支援として、「アートにエールを!
東京プロジェクト」を実施しましたが、
こうしたいわゆるライブエンターテインメントの
支援状況と今後について伺います。
——————
(生活文化局 局長)
——————
〇東京の魅力であるアートシーンは、
多様な分野のアーティストによる
多彩な活動で支えられている。
〇今年度実施している「アートにエールを!
東京プロジェクト」では、
ライブエンターテインメントを支える方々を
含む、幅広い分野で支援する。
〇動画作品を制作していただいたアーティストや
スタッフを支援する個人型では、
ライブハウス等でも活動されている
ミュージシャン、ダンサー、DJ、
技術スタッフ等の方々も、個人やユニットで参加。
〇都内での公演を支援するステージ型においては、
ライブハウス等を会場とする企画も対象である。
————
(入江)
————
「アートにエールを!東京プロジェクト」では、
ライブエンターテインメントで活躍されている
方々も含めて支援しています。
あるロックシンガーは、この支援によって、
ライブ配信用のカメラの台数を増やすことができ、
充実した新曲発表を行いました。
コロナ禍の対策として普及したライブ生配信に
ついては、レコード原盤権の集中管理により
権利処理が必要などの問題がありまして、
私も日本を代表するDJの皆さんと
日本レコード協会のお話し合いを繋いだところです。
この支援を受けて制作された動画作品には、
ステージでの演奏と最新の映像技術を融合させる
ものもあり、こうした支援は、アーティストの
活動の幅や可能性を新たに切り拓くものだと
感じます。
Q.ライブエンターテインメントも対象となる次年度における芸術文化の支援メニューについて伺います。
———————–
(局長)※対応について
———————–
〇緊急事態宣言等により、現在も厳しい状況に
ある芸術文化団体等に対し、
来年度「アートにエールを!東京プロジェクト」
のステージ型を追加募集。
〇さらに、来年度は、本プロジェクトの
レガシーとして、実行委員会など複数の主体が
コラボレーションするプロジェクトや
フェスティバル等、支援の波及効果の高い
大型プロジェクトを助成。
その対象には、ライブイベントなども想定している。
〇引き続き、東京の魅力を構成する
様々な分野で活動する人々を支えていく。
————
(入江)
————
都は、「『未来の東京』戦略」において、
2030年に向けた「文化・エンターテインメント
都市戦略」として、「人々の日常に楽しみや
喜び、感動を再び取り戻す戦略」を展開する
としています。ポストコロナを見据えれば、
ライブエンターテインメントは、
ナイトタイムエコノミーや回復後の
インバウンドによる経済、文化の交流を創造する
ものとして期待されます。
アート・音楽・伝統芸能・ライブエンターテイン
メントといった東京の持つソフトパワーの強みを
最大限に活かし、人々が新しいスタイルで、
再び集まり、熱狂し、楽しめる東京を実現する
ためにも、都としてライブエンターテインメント
分野もしっかり支援することを強く要望します。
また、アーツカウンシル東京が窓口になる Tokyo Arts Fund の対象にライブエンターテイ
ンメント分野も含んで頂くことを要望します。
以上
————
入江さんが、現状の我々、アーティストサイド、
フリーランスの支援、「アートにエールを!」の
今後について、質疑してくださり、
メッセージとして、「東京の魅力である
アートシーンは、多様な分野のアーティストに
よる多彩な活動で支えられている。
引き続き東京都は、ライブ・エンタテインメント含む、
東京の魅力を構成する様々な分野で活動する
人々を支えていく。」と生活文化局長に
言ってもらえたというかたちです。
議場にプラカードを持ち込むことも、
簡単なことではありません。
本当にありがとうございます!!😭
📎ニュースはこちらへ
savethedance.info
#あなたはそれでも選挙に行きませんか
#投票するべき人がいる
#誰が社会の声を聞いて動いてくれる

SUPPORTER

後援会

皆さまの支えを力に、入江のぶこはよりよい地域社会を目指しています。

プライバシーポリシー | サイトマップ

TOP

都民ファーストの会 入江のぶこ事務所

〒107-6012 東京都港区赤坂1-12-32 12F
TEL:03-4360-9299
FAX:03-4360-8441
Googleマップ

入江のぶこ