入江のぶこオフィシャルサイト

入江のぶこオフィシャルサイト

文字サイズ

お問い合わせはこちら

阪神・淡路大震災から26年。防災・減災のために日々の備えが重要です。

今日は泣けました。6434人の命を奪った阪神・淡路大震災から26年。
今でも、涙を流しながら黙祷するご遺族の姿が他人事ではありません。ベッドや布団の上で静かに亡くなる場合とちがい、災害や事故のご遺体は酷く傷つき、時には焼け焦げ、その様子がさらに遺族を苦しめます。せめて、最期に元のままの柔らかい身体をなでたかったと、、、26年前の当時、私も海外での小型飛行機墜落事故で夫を亡くしたばかりでした。時は流れ、遺された者たちはそれぞれ強く生き抜いていくのですが、同じ苦しみはどなたにも味わってほしくないと思います。
 
災害は突然、発生します。防災・減災のために日々の備えが重要です。
写真は、昨日、港区芝浦で、運河沿いの高層マンションにお住まいの方を対象に実施した、電気推進船による防災クルーズです。いざという時は、船での救助や物資の搬送が必要となります。長年、水辺の防災に取り組まれている榎本茂区議、ありがとうございました。

SUPPORTER

後援会

皆さまの支えを力に、入江のぶこはよりよい地域社会を目指しています。

プライバシーポリシー | サイトマップ

TOP

都民ファーストの会 入江のぶこ事務所

〒107-6012 東京都港区赤坂1-12-32 12F
TEL:03-4360-9299
FAX:03-4360-8441
Googleマップ

入江のぶこ